レターパックや宅急便にはお届け先を書く「枠」があり、そこには電話番号を書く欄もあります。

発送する相手が親しい友人や家族なら電話番号は分かりますが、それほど親しくない相手や、メルカリなどのフリマで落札された品物を発送するときは、相手の電話番号が分からないこともあります。

こんなときはどうすればいいのでしょう。

スポンサーリンク




電話番号の記載は必須じゃない

結論から言うと、絶対に書かないといけないわけではありません。欄はありますが、未記入でも発送できます。

以前は、郵便局の窓口によっては、宅急便を出すときには必ずお届け先の電話番号を書くようにと言われました。書いておく方が届け先不明で送り戻すケースが減るからです。けれど、記載が必須だと、電話を持っていない人には荷物を送れないことになります。

仮に届け先の住所をまちがって書いてしまったり、なかなか受け渡しが出来なくて配達局の方が困ったとしても、あなたの住所と電話番号を書いておけば連絡は取れます。ですから、自分の(送り主の)電話番号は必ず書いた方がいいです。

そうすれば、どうしても配達が出来ないときは送り戻してもらうこともできます。

スポンサーリンク

電話番号を記載しないと発送ができないケース

宅急便のお届け先を、専用サイトを利用してパソコンなどで入力するときは、電話番号を入力していないと先に進めません。そんなときは「00-0000-0000」のように入力すればオッケーです。

とは言え、可能であれば念のために相手に電話番号を確認しましょう。特に高額品や急ぎの品を発送する場合は必ず確認した方がいいです。そのうえで、先方が電話番号は書かなくていいと言われたときは、無理に聞き出す必要はありません。

宅急便の配達時によくある「困った」

主に以下のようなケースが想定されます。

  • お届け先住所を書き間違えた
  • ほとんど不在で連絡がとれない
  • 相手が転居したのに住所変更していなかった(メルカリなどを利用時)
  • 相手が転入後に郵便局に転入届を出していなかった(郵便サービスを利用する場合は配達できない)

特に上2つはよくあるケースですが、下2つも決して珍しいケースではありません。4番目の「転入届を出していないと郵便物の配達が出来ない」ということを、知らない人も少なくありません。

そして、いずれのケースもお届け先の電話番号を書いていれば、スムーズに解決できる可能性は高いです。

電話番号を確認すべき?それとも不要?

「必ず確認すべき!」とは言いません。実際私も、何度も未記入で発送していますが、電話番号を書いていなかったせいでトラブルが起きたことは一度もありません。逆に、ちゃんと電話番号を書いていてもトラブルが起きることだってあります。

そのうえで、私が実践している内容をお伝えすると、

  • 自分の住所と電話番号はしっかり書く!
  • 送る品物によっては電話番号を確認する

この2点です。定形外郵便やメール便を送るときも、自分の住所はきちんと書きます。封筒に送り主の名前が書かれていない荷物を受け取るのは気持ち悪いですから。つまり「相手目線」で発送するということ。

どうするか悩むようなら、電話番号を確認してから発送することをおすすめします。