冬の終わりに手芸品店のセールに行くと、1玉1,000円もする高級な毛糸が半額以下の値段で売られていることがあります。安いときは100~200円で売られていますが、どんなに素敵な毛糸でも、たったの1玉では作れるものが限られます。

また、10個パックの毛糸を買うとかなりお得な値段で買えるお店が多いですが、ちょうどきりよく10個を使い切るのは難しく、1~2玉余ってしまい、あまった糸玉の使い道に悩んでいる人も多いでしょう。

そんな余り玉の使い道におすすめなのが「かぎ針編みの帽子」です。

スポンサーリンク




糸の量に合わせて編み方とデザインをえらぶ

かぎ針編みの場合、どんな編み方をするかで必要な糸の量は3倍以上違ってきます。逆にいうと、糸の量を調整しやすいというメリットがあります。

例えば帽子をつくる場合、同じ毛糸が2玉以上余っているときはこま編みでしっかりとした帽子を作ることができるし、1玉しか余っていなくても、透かし編みの帽子なら作れます。

棒針編みでもいいのですが、かぎ針編みのほうが「あと少し糸が足りない!」というときに、太さのちがう別糸を入れても違和感が出にくいので、糸の量がきびしいときはかぎ針編みの方がおすすめ。

実際に編み始める前に、計算が狂ったときに追加で足す糸も念のためにいくつか選んでおきましょう。

残量が厳しいと感じたら早めに別糸を使って色を変える

(追加する糸の長さが短かったため、今回は透かし編みに)

使う毛糸の量は編み方の「きつさ」によっても変わります。慣れた方なら「きつさ」の調整は簡単にできるのでしょうが、私はそこまで熟練者じゃありませんから、計算が狂うのは日常茶飯事。

余る分にはいいけれど、足りると思っていたのに「これはかなり足りないっぽい」と感じて、よく焦っています。

そんなとき、以前はあきらめて解いていたんですが、最近は解く時間がもったいないなと感じるようになって。だから、「足りないかも…」と感じた時点で、すぐにデザインを練り直します。

スポンサーリンク

糸が足りないときに、一番手っ取り早くて見栄えのいい作品を作れる方法は「別糸で模様を編む」こと。模様と言ってもそんなに難しい模様ではなく、細い横縞を入れるとか、別糸で透かし編みの段を何段か編んで間を埋め、最期の段はベースの糸で仕上げるというだけ。

この、「最後はもとの糸で仕上げる」というのが肝で、これをやらずにただ糸を変えて編んだだけでは、なんとなく締まりがない出来栄えになります。もともとそういうデザインなら別ですが。

だから、仕上げ用に元の糸を必ず少しは残しておきましょう。

※上の作品は最終的に濃い色糸で仕上げを編みましたが、その前にベース糸でも編んで見比べ、どちらが良いかを確認しました。そして、余った糸ではモチーフを作成。

余った糸で小さなモチーフをつくる

帽子の深さに決まりはないので、毛糸の残量に合わせて深みのある帽子にしたり、少し浅い帽子に仕上げれば、いい具合に糸を使い切ることができますが、それでも、ちょっとだけ余り糸は出ます。帽子1周分は編めないくらいの余り糸ですね。

でも、この余り糸を使ってミニモチーフを作れば、とてもおしゃれな帽子のアクセントに。あまりに小さなモチーフしか作れなかったときは、中央にビーズやボタンを縫い付けるだけで、存在感のある飾りに変身します。これもまた、1個だけ余って使い道に困っていたパーツの活用になって一石二鳥です。

かぎ針編みの帽子は慣れれば1日で作れます。何か作れそうだけど、ちょっと糸の量が厳しそうな余り糸を活用して、Xmasプレゼントにも使える素敵な帽子を作りましょう。

余談、実を言うと最初はミトンを作っていた…

この記事だけ読むと、「パパパッ」と頭を切り替えて素敵な帽子をちゃっちゃと完成したのだろうと感じるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

実を言うと、最初はミトンを作っていました。というより、「ミトンを作る!」と決め込んでいたせいで、どうやっても糸が足りなくて苦戦したあげく、泣く泣く帽子に変えたんです。

「これを作りたい!」と決めているときは、量がきびしい余り糸は使わないこと。余り糸を使って何か作品を作るときは、柔軟な姿勢で取り組みましょうね。

 

この記事で紹介している帽子を作るのに参考にした本はこちらです。中高生向けのミニブックですが、編みやすくておしゃれなデザインがたくさん載っています。

ネタ元:りん

コミュニティ内での会話はというと?

(中略)