毛糸で帽子やマフラーといった「小物」を作ると、「このぐらいの長さじゃ何も作れないけど、何に使おうかな?」といった、短いあまり糸が残ります。

帽子やマフラーを作るほどの長さもないどころか、せいぜい1~2段分の長さしかない糸。安い毛糸なら捨ててしまいたいところだけど、高価な毛糸だと、ちょびっとの長さしかなくてももったいなくて捨てれません。

そんな短い余り糸を有効に使うのにおすすめなのが「モチーフブローチ」。ちっちゃなモチーフをいくつか組み合わせると、とても豪華なモチーフブローチが出来上がります。

※画像は帽子の余り糸で作ったモチーフブローチ。帽子の飾りにも使えます。

スポンサーリンク




ブローチは作りながら出来上がりサイズを決められる!

モチーフブローチにはいろんなパターンがあって、編み方によって必要な毛糸の長さが極端に変わります。出来上がりのサイズは同じくらいでも、ぎっちりと密度が高いモチーフと、スカスカ模様のモチーフでは、使う毛糸の量が3倍ほど違います。

また、モチーフブローチには「適切なサイズ」がありません。ちっちゃいモチーフブローチは可愛いし、大きなモチーフブローチは華やかです。

余り糸の量が少ないときは、透かし編みの小さなモチーフを作ればいいし、1玉も余っているときは大きくてボリュームのあるモチーフを作ればいいんです。

スポンサーリンク

もうひとつ、モチーフブローチが余り糸を使うの都合のいい理由に、自分で簡単に編み図をアレンジできるという点があります。

参考にしている編み図にはあと1段編むように描かれていても、糸が足りないときは途中で止めることができます。逆に、もっと編めそうなら、もう1段増やしたり、縁飾りを付けるという手もあります。

毛糸の帽子

※まったく別の糸で編んだ帽子に着けてもかわいい。

途中で糸を変えても違和感がなくておしゃれ

1つのモチーフブローチを作るだけの長さも残っていないときは、複数の余り糸で、1段ごとに糸を変えてモチーフを作ってもすてきです。

帽子やマフラーを編むときに途中で糸を変えるときは、糸の太さが違うと少し違和感が出ますが、モチーフブローチなら、糸の太さの違いはむしろおしゃれなアクセントになります。

あるいは、1種類の糸で作れそうな透かし編みの小さなモチーフを作り、複数のモチーフを重ねて束ねるのも面白いです。

下の方には値段の安い毛糸を使い、一番上にくるモチーフには値段の高い毛糸を使うと、実際には高級糸の分量が少なくても、全体に高級感が出ます。

モチーフの編み図は100均にも売っている!

この記事で紹介しているモチーフを作るのに参考にした本はこちらです。やや古い本ですが、10種類以上のモチーフが掲載されているので、これ1冊あれば自分でアレンジしていろんなモチーフブローチを作れます。

 

モチーフブローチの編み図は、ネット上にも無料で公開されています。100均で販売されているモチーフ図案集も、中身が充実していてあなどれません。

書店の手芸品コーナーにある手芸本は、値段が高めの本が多いです。基本的に新刊を置いていますからね。でも、新刊の大半は1年もしたら書店から消える本ばかり。

逆に、手芸品店で販売されている本は、ちょっと古くても内容が充実している本が多いです。でも、残念ながら値段は定価のまま。手芸品店で気に入る本を見かけたら、ネットで同じ本の中古本が安く売られていないか、探してみる価値はありますよ。

ちなみに、私は手芸本を買うのにブックオフをよく利用しています。100円の掘り出し物に出会うことも多々!

ネタ元:りん

コミュニティ内での会話はというと?