ミトンの手袋は1玉程度の余り糸を使うのにちょうどいいテーマ。5本指の手袋と違って、作り方も簡単です。けれど手袋を作るときは大事な注意点があります。それは左右のサイズをぴったりにそろえないといけないこと。

スポンサーリンク




手袋は2つで1セット!

手袋や靴下は2つで1セット。仮に当初の予定より大きく出来たり小さく出来たとしても、左右の大きさが同じならそれなりに使い道はありますが、左右でサイズが違うとどうしようもありません。

だからふつうはいきなり本番に入るのではなく、先に試作をします。試作でどの程度まで作るかは人によるでしょうが、私は片方分を完成させます。だから、最終的には3つ作るわけです。

そう考えると「ミトンなら少ない余り糸を使って作れるよ!」とあまり積極的におすすめはできませんが、微妙なサイズの違いにはこだわらないという人や、試作した糸をほどいて本番を作るのが苦じゃない人なら問題ありません。

スポンサーリンク

手袋は身に着けているとき目に付きやすい

帽子と同様に、手袋も編み方やデザインによって使う毛糸の量が大きく変わります。ミトンも棒針編みで作る小振りなデザインなら1玉で作れるけれど、かぎ針編みで作るゆったりとしたデザインなら2玉は必要です。逆に言うと、余り糸の量にあわせて調整ができるというメリットがあります。

そうは言っても試作をするのは面倒だし、どうせ自分用だからといきなり本番を編む方もいるでしょう。

そこは本人が決めることだけど、手袋は身に着けているとき目に付きやすいため、作っているときは「気にしない」と思っていたのに、いざ完成すると「サイズが違うから気になる…」と感じるかもしれません。

左右の大きさが違うと付け心地も気になる

画像は姉がつくったミトン。この画像ではちょっと分かりにくいですが、左右の長さが2cmほど違います。多分、作っている途中で気が付いたはずですが、作り直すのが面倒だったんでしょう。

手袋も靴下も、身に着けているときに目に付きやすいだけじゃなく、身に付けたときにサイズの違いを肌で感じやすいです。姉はそれがかなり気になったようで、結局ほとんど使うことなく、でも捨てることもできずに、私に「プレゼント」と言ってくれました。調子がいいですよね。

見た目がかわいらしかったのでおとなしく受け取ったものの、外出するときはたいてい車を運転する私にとってミトンは何かと不便で。ほとんど使わず、最終的にはヤフオク!に出品しました。

でもこの経験があったおかげで、手袋を作るときは必ず片方を試作してから本番を作るようになったので、それなりに得るものはあったと言えるかも。