手芸品店の「売れ残り品ワゴンセール」には、定価ではとても買う気になれない高級毛糸が時おり紛れ込んでいます。しかも、定価1,000円の毛糸に200円や100円という破格の値札が。

もし気に入った毛糸なら、1玉しかなくてもいつか必ず使いたくなる時が来るはずなので、とりあえず「買い」。その高級毛糸を使ってかぎ針編みのプチマフラーを作りました。

スポンサーリンク




毛糸1玉で作るプチマフラーにはかぎ針編みのほうが向いてる?

プチマフラーをかぎ針で編むか棒針で編むかは悩ましいところ。どちらで編んでもいい作品ができますが、個人的にはかぎ針編みのほうが自由度がある気がします。糸の分量や太さに合わせて、途中からでも編み方を変えられますからね。

このプチマフラーを作るのに使った毛糸は、色が単一ではなく、2~3色を一緒に撚り合わせた感じのもの。

スポンサーリンク


鎖編みで透かし模様にするよりも、長編みで「面」を作る方がおしゃれかな?と感じたので、さっそくゲージを試作。イメージ通りだったので、長編みで編むことにしました。

マフラーをボタンで留めるという手もある

このプチマフラーはグルグル巻いたり結んで使うのではなく、ボタンで留めるタイプにしたかったので、必然的に長さは決まってきます。進み具合を見ながら実際に首のまわりに巻いてみて、ちょうどいい長さになったところで編み終わり。

そのあと、周囲に鎖編みでフリンジをつくり、留め具のボタンを取り付け、余った糸で飾りのモチーフを作ったら完成。もうワンポイント飾りが欲しいかな?と感じたから、モチーフの中心の木のボタンを取り付けました。

使った材料はどれも残り物

できあがった作品を見ると、最初からこのデザインをイメージして、それに合う毛糸とボタンを選んだかのように見えるかもしれませんが、糸は値段が安かったから以前とりあえず買っておいたもので、ボタンは別の作品を作ったときの残りものです。

本で紹介されているパターンにとらわれ過ぎず、「これ、何か使えないかしら?」という発想で材料にアプローチすると、自分でも驚くほどすてきな作品が出来ることがありますよ。

この記事で紹介しているプチマフラーを作るのに、参考にした本はこちらです。